イベント活動自粛のあおりで

f:id:laohu-kirigami:20200320002530p:plain


イベント活動自粛のあおりで予定がなくなり、一日大阪に出ていた。
あまり足を伸ばさない中崎町へ行ったり、中津方面へ行ったり、さんざん歩いてちょっと疲れたので、大阪駅近くのショッピングモールのジュースバーでフレッシュジュースを飲んで休憩していた。

スマホの画面を開いて何気なく目をやったら、「100日後に死ぬワニ」の文字。何?
この瞬間初めて知ったのだが、ネットで大変話題の4コママンガらしい。
明日がちょうど100日目になるそうで何やら盛り上がっているとか。

ごくごく普通の生活を送るワニのたわいもない日々を描くコマの上には「○日目」の文字。
そして読者は神の目線でワニの一生を見るというような仕掛けになっている。

斬新やな〜と思いながらジュース片手に記事を読んでいたら、隣の女性2人組の会話が耳に入って来た。

実家ではナマコを正月にいつも食べるねん。買わへんで、海から掬ってきて浸けるねん。
豆乳は普段あんまり使わへんわ〜、あ、でも鍋のときは使うけどな。
脈絡のない会話がどんどん繰り出され話は尽きない様子。
昔からの友人なんかな。ああ、こういうテンポの会話、なんか懐かしいなー。

会話を小耳に挟みながら、そういや気軽に友人と近くの店で会ってちょっと喋って帰る、なんてことをもう長い事していないことに気づいた。
もともと友人付き合いは積極的にしない方だけど、引っ越ししてからは「ちょっと会って喋る」なんてことは無くなったなー。
地元で誰かと会うときは何週間も前に「○月には帰るんで○日に〜」みたいなずいぶん助走の長い約束ばかりになっている。

ワニの記事の続きには、このマンガのアイコンをきっかけに再び連絡を取り合うようになった読者のエピソードが紹介されていた。
作者がその話を引いて、連絡先に入ったまま関係が途絶えている人に連絡したいと思っても、実際に踏み出すのはなかなか難しいが、自分のマンガが関係再開の一歩になったということはとても嬉しいというような事が書かれていた。

隣の2人組の話を聞きながら丁度似たような事を思っていたので、記事を読んでちょっとびっくりした。
そういや久しく会っていない友人に会ってみたいと思う事もあるけど、今更かなーとか、急に連絡もらっても迷惑かなーとか思って結局年単位で先送りしてるな…。とかぼんやり考えていたのだ。

マンガの肝は、自分の終わりを意識する事によって最期に納得できるような生き方を考えてみないかという問いかけだそう。
何か自分のタイミングとも合ったのでワニのマンガに興味が湧いてきた。
明日いきなり最終回だけ読むか、単行本を待つか、ネットで1話から探して読むか…。
友人に久しぶりに連絡を取るのは…また何かきっかけができてからにしよう。
縁があるのならまたいつか会うはず!
あー、あとナマコも久しぶりに食べたい!

実家の私物を片付けたくて、昔集めていたチラシを全て処分した。
写真はラーメンズのチラシ。今見てもかっこいいデザインで、これらは捨てられんかった。