少し前に、

f:id:laohu-kirigami:20200116232134p:plain


少し前に、「遠くまで来たなぁ」とよく思うという内容のコラムを読んだ。
実は私もよく思う。子供の頃の自分、あれ一体ダレ?みたいな。
あれと今のコレが繋がっていると思うと少し変な感覚におそわれる。
何だか恐ろしく遠くへ来た、来てしまった、そんな感じ。

2月ほど前から家でラジオ体操を始めた。
YouTubeを流しながら狭い部屋でひとり腕を振り回している姿はさぞかしマヌケだろうと思いながらも結構一生懸命やっている。
第一だけでなく第二も。そして第一と第二の間に首の体操なるものも挟まっているので、それも丁寧にやる。

これは大人こそやらないといけない体操だなーと毎度すごく思う。
腕をぶんぶんする度に肩甲骨のあたりの筋肉がゴリゴリいう。
首を回すとどこかの角度が必ず痛い。
そして結構疲れる。
だから割と効いてる気がして、できるだけ毎日続けている。

先日地元へ帰った折りに知人と会った。
ゆっくり話すのは久しぶりで、近況やら共通の知人の話題で盛り上がり、店を出た帰り道で何気なくラジオ体操をやってると話すと「私も!!」と。
おお〜、いるんだ、家でやってる人。
すると彼女が、

「でも、ラジオ体操ってこんな早かったかな〜って。」

それそれそれ!だれかと共有したかった〜!
実は私も初めてYouTubeを流した時、一瞬少し早送りになってるのかと思ったのだ。
音楽についていけなくて動きがワンテンポ遅れてしまう。
子供の頃の軽やかな動きがとっくに無くなっている事実を改めて思い知らされ、その時も「遠くまで来たなぁ」と思ったのだった。
ひとりでひっそりダメージを受けていたけど、こんな事に同じ思いを感じた人が身近にいて何だか嬉しかった。
今はスピードにも慣れてきたので、外で人と一緒にやっても恥ずかしくないラジオ体操が披露できるはず。ふふふ。

 

写真は小さいザクロ。
切り紙でよく題材にするけど、実物はあんまり見る機会がない。
本当は実物もよく見ないといけないんだろうけど…。