ようやっと

f:id:laohu-kirigami:20190607131600p:plain


ようやっと小さい制作の山を超えた。
「制作の山」とか偉そうに言ったものの実は天保山ほどの小山、しかも予定より遅れさらに他にやる事も控えている。
ただでさえ手が遅いんだから駄文を書くヒマがあればさっさと作業を先にやればいいのにと心から思う。(また書くのも結構な遅さなんだ)

子供の頃からけっこうリアルでくっきりした夢を見る。
夢は脳の記憶整理作業とか聞いた事があるけど、現実に体験したエッセンスがちょっとずつ入っているので、実際に行った場所か夢の場所だったか判別がつかない事もしばしば。

過去の夢の場所がより広がって再登場することもあり、夢の中で「あ、この先は前の夢で来たところだ〜」と思う事もよくあって結構楽しい。
また、自分の好みが反映されたいい雰囲気の場所が多く、起きて「なんだ夢か〜〜」と本気でがっかりしたりもする。
なもんで、もし「夢見る機械(by諸星大二郎)」が出来たらきっと率先して入るだろう。
VRの技術とか応用してそういう機器が出来ないもんかしら。まさに白昼夢…。

現実と夢(妄想)が地続きみたいな世界が結構好きだったりする。良くも悪くも頭の中がコドモなんだろう。
作品を作る時は、現実のデッサン力がないので妄想多め?でゴマかして?いる。
図案を考える時、いい具合に妄想ゾーンに入れた時は良い作品ができてくる。
あくまでも自分で思う「良い」なんだけど…。
ここ数年でもっと脳内を解放した作品が作れたらなぁと思うようになってきた。

中国の切り紙に興味を持った事から端を発し、とにかく色々知りたい、作りたいと思って自分なりに進んできた。
興味の向くまま作り続けたところ、作品だけでなく気持ちにも変化が起こり、長く続けることの醍醐味が少し分かってきたように思う。

始めた頃は色にしても内容にしても「こうでないと!」みたいな思い込みが多かった。
決まりを作り、その時の力でできるものを頑張って作るのはすごく勉強になったと思う。
でも今は自分に課していたものをちょっとずつ外して、外した先にできるものも楽しめるようになってきた。
続けてきた結果、僅かではあるけど技術や知識が身に付いた今だからなれる心境なのかな。
ちりつも…というほど積もってはないが、継続は大事やなと思う事が時々ある。

先の目標は特にないけれど、目の前の小さな目標を少しずつ超えて、数年先にどんなものを作っているのか見てみたいという楽しみはある。
とはいえ、やる気スイッチがなかなか入らん怠惰な性格でもあり、作業に入るまでがすごく大変で…。常にモチベーションが高い人が羨ましい!

ちなみに昨日の夢は、皇族?のような位の高い一族の一員によそから入ったという設定だった。
自由に行動できないなんて何と窮屈な世界なんやと嘆きつつも日々を過ごすという、皇族?から見たら余計なお世話やと怒られそうな内容だった。