気づいたら師走も半ば

f:id:laohu-kirigami:20181217151019p:plain

気づいたら師走も半ば。
師も走る忙しさだが、師でない私はほぼ座っている。
座って何をしているかというと、ここひと月ほどは発送作業に追われていた。

毎年恒例のカレンダーと年賀状。
今年は早めに作ったので、秋冬はぼーっと発送作業だけしたらいいやとのんびり構えていたら、ネットショップの予想外の売れ行き好調の波にさらわれた。
私製年賀状の余りほどつぶしがきかぬものはない。
在庫を出さないよう少量で再印刷していたのだが、10日ほどで在庫が尽き再印刷、を何度も繰り返すハメに。
印刷ロットが少ないと利益も少ない。でもいつ特需が終わるかとビビるため大量発注は二の足を踏む。
もうからん性格やのうと心底思った。

それに加えて切り紙や他の雑貨も一緒に売れる。
ほぼ毎日何かしらの購入があるという状況が数週間続いてきた。
こんな特需はこれまでなかったので、自分の管理能力のなさががっつりと露呈されてしまった。
同じ人に同じ商品を2度送ってしまったり、レターパック定型外で出してしまったり。。どちらも一度きりとはいえ面目なし。
梱包作業も異常に遅く、他の用事に差し障りまくっていた。
ほんま使えん、自分。

私のように人との交流が少なく、個展やイベント参加もあんまりしないモグラ人間にとって、気軽に作品を知ったり買ってもらえるネットの世界は唯一に近い救いの場でもある。
なので、大変な中にもネットのありがたさが沁みた期間でもあった。
ありがとうネット。そして来年もよろしく頼む。
年賀状は完売して特需もそろそろ終わりが近い。
当方の作ったものに目を留めてくれた皆さまには、ここから小声ではあるがお礼を申し上げたい。

作品も商品もどちらも作るのが好きだ。
今年大きかったのは、レーザーカッターと年明けにお会いした台湾の剪紙作家陳先生の一言。
機械と高名な先生を一括りというのはどうかと思ったが、この2つの出来事は切り離せない。
レーザーカッターを使うようになったおかげで、手作業で何時間もかかる作品を買いやすい価格で商品として出す事や、紙以外の商品に展開しやすくなった。
切り紙を機械で切る事には気持ちの面で抵抗があったけど、それを後押ししてくれたのが陳先生のことば。
先生は屋外で大きなインスタレーションも行う方で、その作業にはたくさんのスタッフに切り紙をしてもらうそう。
その際切り方の指導は行わないとのことで、それは”切る作業はただの過程にすぎないから”
販売サイトの私の商品についても、手作業でこの価格は非効率だと指摘されてしまった。

手作業に拘る「作品」と、そこは気にしない人に向けた「商品」の線引きをしていくことも大事だなぁと少し考えさせられた一件で、今年はそれを少し意識して作業するようにしてみた。
工夫して余った時間でもっと作品作りをしたり、本を読んだりする…つもりだったのに、ぜんぜん余裕なし、積ん読の山は高くなる一方。なんでやねん。
来年は時間の使い方を見直したい。。。さすがにこれはネットには頼めないな。

写真はレーザーでの試作。来年の数少ないイベント参加に向けて。

言わぬがBUDDHA

少し前、駅に向かう途中で大学生くらいの男子二人とすれ違った時にふと会話の一部分が耳に入って来た。
「〜まあ、”言わぬが仏”っていうしな。」
スルーしかけたけどイヤ何かヘンだぞ。あっ、「知らぬが」やんか〜。
すぐピンとこなかったし、「それ言うなら(言わぬが)”花”ちゃいますのん。」の脳内ツッコミも全く出なかった私もたいした事ない。

でも「言わぬが仏」の語感、良くない?。
仏様の半目でスーンとした顔って「ワタクシ、無粋は申しませんけど何か?」って言っているみたいだし。
いや、言わぬが仏だけに何にも言わないけど。
そもそも「知らぬが仏」、正しい使い方何だっけ?

1.何事も知らなければ平成な心でいられるたとえ
2.当人だけが知らずに澄ましているようすを嘲っていう言葉

どっちも仏様をそろっとディスっている気もするようなしないような…。
由来をきちんと辿るとそういうことではないだろうと思うけど、ここでは調べない事にする。じゃ、「言わぬが花」は?

あえてはっきり言わない方が差し障りもなく趣がある。

ああ、書いてるうちに仏でも花でもどっちでもいい気がしてきたよ…。
たぶん、あの男子たちは「よけいな事は言わんにこした事ない。」という趣旨の会話をしていたんだろう。

先日込み合った電車内で。
優先座席にどーんと座っていたサラリーマンのおっさんに向かって、近くに立っていた外国人男性が、横に立っていたおばあちゃんに席を譲るよう促していて驚いてしまった。
自分だったら、あかの他人に席譲ってあげてって言えるかな〜。
トラブル怖いし、おっさんも体調不良かもしれんしとか言い訳をしてきっと言えない。
驚くと同時に何か申し訳なく思ってしまった。
ほんまは日本人が言わなあかんのんちゃうかなぁ〜、とか思って。
おっさんは逆ギレすることもなく無言で席を立ち譲っていた。

「言わぬが花」の反対語は「言わぬ事は聞こえぬ」
こっちは仏や花に比べてずいぶんストレートだ。
仏や花だけの世界はキレイで天国(仏だったら極楽か)かもしれないけど、つまらんかもなぁ。
映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」がふとよぎる。

タイトルはルー大柴風に。横文字で綴ると何かかっこ良くなった気もする。
駄文を書いているだけなので、タイトル機能いらないんだけど、外し方分からない…。

冬のアナログ

f:id:laohu-kirigami:20181121110653p:plain

ことしもこれが活躍する季節がやってきた。
あんなに夏暑かったのに、エアコンの故障とも戦ったのに、季節はちゃんと(今年は遅いけど)変わるもんやねえ。

ここ数年来活躍中のシロクマくん湯たんぽ。
中に入っている柔らかいボトルがとっても使いよい。
寝る時はもちろん、作業中に膝や腰に当てても気持ちよくて冬場の必須アイテムになっている。電気も使わなくて罪悪感もナシ。(←一人しかいないのに電気を使うなんて!と意味不明の節約センサーが働くのだ)

湯たんぽはアナログだけど、なんてよく出来ているんだ〜!と毎年感心してしまう。
朝起きてちょうどよい湯加減になったお湯を顔を洗うのに使ったりもできるのだ。
給湯ボタンを押してからお湯になるまで流れ続ける水に申し訳なさを感じなくてもよい。

もう一つのアナログは石油ストーブ。
温かいだけでなく上でモノも温められる、これまた吝嗇家の冬の必須アイテムその2。
もちろん湯たんぽのお湯もここで温める。
最近は大災害の心配もあるので、冬に電気やガスが止まっても何とかなるぜと備えをしているしっかり者になった気分になれたりもする。

ただこの石油ストーブの難点は、ファンヒーターよりもずっと石油食いだということ。
アナログはハイテク機器より節約に向かないのはアナログの定めやねぇ。。
結局けちんぼとアナログは相性悪いのではとも思いつつ、今季の湯たんぽ&ストーブライフが始まったのだった。あ、ファンヒーターも実はけっこう使う。

余談。先ほど宅配便が届き、はんこを持って出たら「デジタルサインで。」と言われる。しょっちゅうモノを届けてもらってるけど、宅配便でデジタルサインは初で驚いたよ〜。

一新!

f:id:laohu-kirigami:20181114104444p:plain

長年ホームページでお世話になっていたYahoo!ジオシティーズが来年で終了ということで一念発起、サイトを引っ越しして一新することにしました。

最近のホームページエディタはすごい!知識がなくてもそれっぽいサイトができてしまうのね。。
ついでにブログもこちらで新たにはじめます。

作品のことや、これまでホームページで紹介していたワークショップの様子、日々のぐだぐだ(?)などを書いていこうかなと思ってます(*'v`d)

新たに公開した切り紙作品のサイト「老虎手工舎」はこちらです。